S.A.I Kids Vocal Academyは子どもに特化した子ども専門ボイストレーニング教室です! 無料体験レッスン随時受付中!

腹式呼吸のやり方

こんにちは!S.A.I Kids Vocal Academyの江本有佳里です!

これからこのブログでは歌がうまく歌えるようになるコツを少しずつ
紹介していこうと思います!

第一回目の今回はやっぱり一番大事な呼吸法「腹式呼吸」について書いてみます!

腹式呼吸」とはその名の通り胸ではなく、お腹で息を吸う呼吸法です。

腹式呼吸」で歌うと何が良いかと言うと、

*喉に負担をかけずに歌えるようになる
*声のレンジ(歌える音程の幅)が広がる
*大きな声で歌える
*喉のコントロールが出来るようになる

などなど良い事しかありません!
だから歌を上手に歌いたい人はまずは腹式呼吸を習得しましょう!!

 

では早速「腹式呼吸」のやり方についてカンタンにまとめてみたいと思います。

まず足を肩の幅に開いて立ちましょう。
そして出来る限りは力を抜き、リラックスした状態を作ります。

お腹に風船が入ってるイメージを持ちます。

お腹に意識を集中させてゆっくりと全ての息を吐き切ります。

お腹に意識を集中させたまま全身の力を抜いてゆっくり息を吸っていきます。
その時にお腹の風船が膨らんでいくイメージを持つと良いでしょう。
徐々にお腹が膨らんでいくのを確認しながら空気を溜めていきます。

今度は吸う時の倍ぐらいの時間をかけてゆっくりと息を吐いていきます。
この時はお腹の風船がしぼんで行くイメージで。徐々にお腹がへこんでいくのを
確認しながら行いましょう。

この工程を繰り返し行います。

どうですか?うまく出来ましたか?

うまく腹式呼吸が出来ていると、息を吸った時にお腹が膨らみ、
息を吐くとお腹がへこんでいきます

慣れないうちは息を吸う時に一緒に肩が上がってしまったり、
お腹以外の部分に力が入ってしまったりするので注意しましょう。
慣れてきたら時間を長くしたり、回数を増やしたりしていくと自然と腹式呼吸が
身に付いていきます。

焦らずゆっくりやってみて下さいね!!